読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虎尾伴内の手帳 ~真夏の顔を持つ男~

ただしBREEZEは鼻から通り抜ける

ピュアピュアビームから10年……中村優よどこへ行く……

まじめ ニュース 妄想 思い出迷子 雑談

※11月6日追記 もっとすごい第2弾登場!

今から10年前、テレビ神奈川の人気番組「sakusaku」のパーソナリティで、当時人気急上昇中だった木村カエラが、MCを辞職(番組内ではこういわれていた)した。

その後任としてMCになったのが、中村優だった。彼女は当時ミスマガジン2005の審査員特別賞を受賞し、華々しく芸能界入りしたところだった。

同期のミスマガジンには、北乃きいや、時東ぁみがいる。

中村優 ミスマガジン2005 [DVD]

中村優 ミスマガジン2005 [DVD]

 

 

中村優は僕と同じ1987年5月生まれ。芸能人としてみるとあまりに優等生で、ピュアな彼女には、最初は「ピュアピュアビーム」みたいな一発芸があるだけで、ちょっと毒を感じさせる「カエラのsakusaku」を楽しみにしてきた僕には、正直不満もあった。

しかし3年の任期のうち、彼女は徐々に番組に慣れ、末期にはそれなりになじんで、アットホームで楽しい番組作りができていたように思う。

↓中村優となって1年目のsakusakuDVD。

saku saku Ver.3.0 新たなる望み [DVD]

saku saku Ver.3.0 新たなる望み [DVD]

 

↓中村優2年目のsakusakuDVD

saku saku Ver.4.0/定刻の逆襲 [DVD]

saku saku Ver.4.0/定刻の逆襲 [DVD]

 

↓中村優最終年度のsakusakuDVD

saku saku Ver.5.0/御題の復習 [DVD]

saku saku Ver.5.0/御題の復習 [DVD]

 

sakusakuを辞めてからの彼女は、sakusakuMC時代の途中で始めたマラソンを中心とした活動に、軸足を移していくことになる……

僕は家でBSをみることができなかったので、彼女が長年出演していた「ラン×スマ」を見る機会もなく、今年の3月にはそれさえ卒業してしまっている。

 

NHK 「ラン×スマ」 走らなかった人のためのランニングスタートブック (ヨシモトブックス)

NHK 「ラン×スマ」 走らなかった人のためのランニングスタートブック (ヨシモトブックス)

 

そんな矢先だ。

旅行先で立ち寄ったコンビニの雑誌コーナーで、久々に彼女の名前を見かけてしまった。

14日発売の週刊現代最新号。

週刊現代 2016年 10/29 号 [雑誌]

週刊現代 2016年 10/29 号 [雑誌]

 

「あの人気女優がついに脱いだ・・・」的なキャッチコピーで、なんと篠山紀信の撮影でセミヌードを披露しているというのだ。

僕は10年前から3年間、ほとんど毎日彼女の出ているsakusakuを視聴し、感想を毎日ブログに挙げていたので、普通の人よりは彼女のことをよくみていたつもりだが、結局中村優はどこまでいってもピュアな優等生でしかないと思っている。

このグラビアがもし評判になっても、ならなくても、今後彼女はより過激な仕事(あえてここでは書かない)を求められることになるが、彼女は本当にそれに耐えられるのか。おだてられて、騙されてるだけなんじゃないか。

最終的にどうなるかの覚悟があって、彼女がこの仕事を受けたのなら、応援したいのだけど...

(追記)

ちなみに11月12日号では第二弾を披露している。

もっとすごいって…何が!?

週刊現代 2016年 11/12 号 [雑誌]

週刊現代 2016年 11/12 号 [雑誌]