読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虎尾伴内の手帳 ~真夏の顔を持つ男~

ただしBREEZEは鼻から通り抜ける

懐かしい友人と懐かしい風景

(※2007年時点の記事です。2016/11/10追記)

今日駅で中学時代の同級生と久々の再会。雰囲気はあんまりかわっていない。背が高いのに猫背な彼は就職活動中らしい。大変だねぇ・・。

 

その後東京駅から山手線に乗っていると、巣鴨の駅で小学生男子のこれ以上ないくらいベタなケンカをみかけてしまった。

 

何かの勝負の勝ち負けを争っているらしい・・。

男子A「負~けお~しみ~!」

男子B「負けてないし!俺のほうが腕力で勝ってるし!」

 

~だいたいこんな感じのやりとりを数回繰り返す~

 

プシューッ(ドア閉まる)

男子A「あいつの好きな人の名前言ってやろ~・・」

 

もうねぇ・・絵に描いたような小学生男子のケンカ。

芸術的なまでにベタ。

 

男子

男子

 

 

 

こういう子たちがいるんだからまだ日本も大丈夫だな

(根拠無しw)